らりりるれろ。 - ラ行に運命を感じる。そんな僕は死にたい症候群。

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10

22

12:16
Mon
2012

No.0188

右手、薬指、モラトリアム。




あまり大切に想わないでください。

わたしはその気持ちの返し方を知らない。





あなたがわたしに対している愛情を

僕は持つ術をしらない。






僕はあなたに喜んでほしい。


しあわせであってほしいと、そう願う。












ぼくはいったい、なにを、したいの。




ぼくは、いったいなにを、なにをすればいいの。










あなたの為にできることが

となりで眠ること

ただそれだけならば、
ぼくはどんな感情を間に横たえればいいの。











もっと求めてよ、

こんな思考を押しつぶしてしまうくらいに。


















あなたに任せるわ、って彼女は言いました。

わたしはあなたを任されました。

彼女は勝ち誇ったように笑いました。

言葉だけで、笑いました。

しかし残念ながらぼくは、あなたも彼女も知りません。

笑った彼女は消えてしまいました。

勝敗の行方は知らぬまま、消えてしまいました。











スポンサーサイト
09

26

01:20
Wed
2012

No.0187

勘違い、行き違い、御門違い。




空腹に鳴いている。


記憶を貪り食う。






いますぐぶち壊してしまいたい。



いますぐ牙を向いてしまいたい。












敵意を剥き出しにして、好意を剥き出しにして



涎が垂れてる シマリのない口だね。



















すべてが被害妄想ならいい。



生身の人間なんて知りたくもない。



画面の向こうでだけ泣いていてよ。


















喚かないで、唾が散る。







嗚呼、きたないなぁ。












.
09

07

13:50
Fri
2012

No.0186

伝う糸電話、宵越し。






しあわせのカタチというのは



刻一刻と変わってく






あの頃不格好に見えたこの接続形態を


僕はいま すこし愛おしく思う














持ち寄ったやさしさやら愛やら


そんなものはもうとっくに喰い散らかしてしまった













触れた瞬間に、なにか生まれるといい










08

29

03:40
Wed
2012

No.0185

橙の灯、夢見がちに俯く。




曖昧なラインの上に立って、夜だよ、夜だよ







りんごジュースを飲みながら、ゆったり語りたいお月さまですね




やんわりしろくて、ほやほやと漂っているのです











なんだかしあわせで


夜ですねぇ 夜ですねぇ、







08

28

02:28
Tue
2012

No.0184

魔法の香水。







ひさしぶりに、僕を取り巻く世界はきらきらなのでした。

ぴかぴかなのでした。






たくさん、たくさん、伝えたいことはあります。







紙コップを耳にあてて、

そうしたら赤い糸を伝って会いに行くよ。











新しい香水を、僕は買いました。


D&Gの、あまい香り。






言ってしまえば、彼彼女等が持っていると知って真似たのでした。



けれどこれ、とても良い匂い。












女であることには、それを磨かなければなあと思いました。


幼稚な可愛さならきっと、持っている。









厭味のない色気が欲しい。


女性をクラクラさせるくらいの、色気。









ああ、ねえ。


アンニュイは魅せるものよ。


















ココアに垂らしたはちみつみたいになりたい。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。